フィトリフトの副作用 こんな人はフィトリフトは向いていません。

女性は年齢を重ねることで徐々にコラーゲンが失われると同時に肌のターンオーバー機能も衰えてくることからしっかりとスキンケアをする必要があるとされています。

 

フィトリフトは、加齢による肌の悩みを解消してくれる効果のあるオールインワンジェルの一つですが、使用することでの副作用があるのか気になるところでしょう。

 

また、フィトリフトの使用に向いてない人とはどういう人なのかも含めて詳しく考えていきましょう。

 

そもそもフィトリフトとはどんなオールイワンジェルなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

フィト1

 

あまりご存知のない人のために説明してみますと、化粧水や乳液、美容液やクリーム、パックなどといった本来なら別々に使用する化粧品を一つにまとめたのがフィトリフトであるとされています。

 

主な有効成分としては、フィト発酵エキスやダイズエキス、浸透性コラーゲンやビタミンC誘導体、ヒアルロン酸など肌に良いとされている成分が豊富に含まれているのが特徴です。

加えて、動物性成分やパラベンなどの防腐剤も使用していないので敏感肌の人でも安心して使用することができるとされています。

 

フィト発酵エキスについては聞いたことがない人が多いと思われますが、白孝樹美という植物を乳酸菌の専売の力を持つと言われているパントエア菌という菌類によって発酵させたものでフィト発酵エキスが肌に働きかける力はヒアルロン酸の6.14倍、コラーゲンの3.13倍、そしてプラセンタの2倍という非常に強い力を持っているので、効率よく肌に働きかけてくれることが期待できるとされています。

 

特にフィトリフトは肌がたるんでしまうことでできやすいほうれい線の解消にも効果的とされており、フィト発酵エキスをはじめ数多くの有効成分の力によって肌に弾力をあたえたるみがちな皮膚をふっくらさせてくれる効果があるとされているのです。

 

保湿力や保湿効果の高いとされているヒアルロン酸の6.14倍も効果のあるフィト発酵エキスがほうれい線の原因ともなる乾燥を妨げ潤いのあるみずみずしい肌へといざなってくれます。

 

このように、一般的な肌への効果が高い成分よりもより有効とされるフィト発酵エキスが配合されているフィトリフトは、年齢を感じ始めた肌に非常に効果的に働いてくれることが期待できるとされていますが、副作用について気になる人もいると思われます。

 

基本的にはアレルギーが出やすいとされる動物性成分を使用せずパラベンなどの防腐剤もフリーですので大きな副作用は考えられないとされていますが、一つだけ気になる成分としてダイズエキスが挙げられます。
フィト1

あまり大豆アレルギーを持っている人は少ないとされていますが、もし大豆アレルギーのある人がフィトリフトを使用することでアレルギー反応が出る可能性があると言えますので、使用する際には注意した方が良いと言えるでしょう。

 

いくら肌への効果が高いと言っても、副作用の症状が出ているのに無理をして使用するのは好ましい行為とは言えませんので、大豆アレルギーの人に限っては気を付けた方が良いと言えます。

 

その他には、無香料無着色で純度が低い鉱物油なども使用していませんので、大豆アレルギー以外の副作用が出ることは少ないと言えます。

 

副作用についてはよく理解できたと思われますが、フィトリフトを使用するのに向いていない人はどんな人なのでしょうか。

 

もちろん、体質によってアレルギー症状が出る人は向いていないのは当然ですがそれ以外に使用することが向いてない人はいるのか気になるところと言えるでしょう。

 

フィトリフトが向いてない人というのは、数多くの化粧品を使わないと肌への効果が実感できない人です。

 

人によっても何種類も化粧品をそろえて使用しなければ満足しない人もいますので、たった一つで乳液や化粧水、パックなど様々な役割を担ってくれるフィトリフトでは満足できないと言えます。

 

それに加えて、オールインワンジェルの効果を信用できない人というのも、フィトリフトを使用するのに向いてない人と言えます。

 

オールイワンジェルは、一つで様々な役目を担ってくれている商品であり効果が期待できるのはもちろんなのですが、一つ一つそれぞれの役割がある化粧品を使用しないと効果がないのではと感じる人はフィトリフトを使用しない方が良いと言えるでしょう。

 

後は気持ちの問題とも言えますが、「実際に効果があるのか期待できない」と思いながら使い続けても肌に対して良くないと言えるでしょう。

 

せっかく使用するのですから効果が期待できることを信じて使用する方が良いのではないでしょうか。

 

このように、フィトリフトの副作用と向いてない人について考えてきましたがこれから使用するかどうか検討している人はこれらのことを参考にして使用するかどうか決めてみるのが良いと言えるでしょう。

 

肌年齢を感じさせない潤いのある素顔を手に入れたい人は、ぜひ一度フィトリフトを試してみてはいかがでしょうか。

フィトリフトの定期購入と解約方法を紹介

フィト2

フィトリフトの効果を実感するなら、お得に買える定期購入がおすすめです。

まだ使ったことがないスキンケア製品を初めて使う場合、自分の肌質に合うかどうか分からないので、試しに1個だけ購入して使ってみると安心かもしれません。でも、効果を実感したい場合には、肌の生まれ変わりサイクルを考慮して少なくても3ヶ月くらいは試してみた方が、フィトリフトが本当に効果を発揮しているのか分かりやすくなります。

 

フィトリフトの定期購入では、続ける回数は特に決められていません。

だから肌に合わないと思ったらいつでも止められますし、気に入ったらそのまま使い続けることもできます。

単品購入と違うのは解約手続きが必要になることですが、定期購入にはたくさん特典が付いているので、止める時に多少手間がかかったとしても特典のある定期購入がお得です。

 

フィトリフトには、定期購入に申込んだ人だけが利用できる4つの特典があります。

 

第1の特典は、フィトリフトの購入代金が割引になることです。

フィトリフトにはオールインワンジェルの他に、化粧水やクリーム、ファンデーションなどがあります。そのうちの1つを定期購入すると10%割引で買えるのですが、フィトリフトのスキンケア製品を複数購入すると割引率がさらに上がります。例えばオールインワンジェルとファンデーションを購入すると、割引率は10%から15%にアップします。この割引率はスキンケア製品の種類ではなく購入した数によって変わるので、4個以上購入すると25%割引になります。そのため、できるだけフィトリフトをお得に使いたい場合は、このシリーズのライン使いがおすすめです。

 

第2の特典は、送料が無料になることです。

フィトリフトは送料が無料になるラインが五千円以上なので、1個だけ購入したい場合には送料が必要になってしまいます。あと少しで送料無料になるからといって、つい余計な物を買ってしまうことが多くなり、結局出費が多くなるのも良くあることです。定期購入なら金額に関わらず毎回送料が無料なので、本当に必要な物だけを選んで買うことができます。
フィト2

第3の特典は、肌の分析サービスが利用できることです。

このサービスでは、フィトリフトを使って1ヶ月後の肌がチェックできます。使用後の状態を自分で確認するとなると、指で肌を触ったりして確かめるしかないので、「肌がしっとりしている」とか「刺激が少ない」というような主観的なものになってしまいます。
この分析サービスでは、専用のキットを使って肌サンプルを採取してそれを送り、科学的な方法で確認してデータ化するので、使用前と使用後の肌の状態の変化が目で見て分かります。

現在の肌の状態をチェックして今後のスキンケアのアドバイスも受けられるので、今までのスキンケアに物足りなさを感じている方にもおすすめです。

定期購入では1年ごとに分析サービスが受けられるので、定期的に肌の状態をチェックできます。

 

第4の特典は、1年ごとにもらえるプレゼントです。

このプレゼントはフィトリフトの商品の中から選べるようになっているので、試してみたい商品がある時に便利です。全ての商品が選べるわけではないのですが、使ってみたい商品があればお試しのチャンスです。この4つの特典の内、1~3までは購入期間が短くても利用できます。でも、4番目の特典だけは1年間定期購入を続けた場合だけ利用できる特典なので、購入回数の縛りはありませんが長く続けた方がお得感が増します。

 

フィトリフトは購入回数の縛りがないので止めたい時に止められますが、連絡をするタイミングが大事です。

次の商品の発送を停止するためには、発送予定の7日前までに連絡をしないといけません。

ちょっとでも遅れてしまうと発送の準備が完了してしまうので、当月限りでの解約ができなくなってしまいます。そうなると次の商品も必ず受け取る必要があるので、解約できるのは翌々月になってしまいます。

 

フィトリフトの解約方法は、解約ができる期日までに電話で手続きをします。

解約手続きといっても、書類を集めたり契約の違約金をお支払することはなく、電話だけで手続きが済んでしまいます。解約方法で気になる点があれば、お問い合わせダイアルに連絡してみましょう。こちらは月曜日から土曜日、午前9時から午後6時まで受付しています。日曜日や祝日、年末年始やお盆期間中は対応していないので注意しましょう。
フィト2
解約方法ではメールを使うこともできますが、この解約方法の場合は電話のようにただちに対応してもらえるとは限らないので、期限が迫っていて相手側が確認するタイミングがずれてしまうと、解約できなくなる可能性があります。

もしメールを使って解約する場合は、解約できる期限に余裕がある時にしましょう。

 

解約をする際には会員番号が必要になるので、聞かれた時にすぐ答えられるように準備しておくと安心です。その際には解約する理由を聞かれることがありますが、解約するのを止めるように説得されたり、別の商品をおすすめされたりすることはないので、解約手続きで数時間もかかることはありません。