フィトリフトに配合されている成分を紹介

フィトリフトの配合成分は以下の通りです。まずはフィト発酵エキスです。これはフィトリフトオリジナル開発の成分です。植物に共生するパントエア菌とアレルゲン性の低い白たかきびを発酵させ、生み出されたのがこのフィト発酵エキスです。フィト発酵エキスがエイジングケアにもたらす実力は、あのプラセンタをも上回るほどだと言われています。

 

一方で植物性のエキスであることから、肌に対しても負担や刺激が少なく、優しい使い心地であると言うのも魅力的です。

フィト発酵エキスには、特に肌の乾燥に対して働きかける作用が大きいとされています。肌の潤いを生み出す機能、またそれを保持する機能と言うのは、ストレスや生活習慣の乱れ、また年齢などにより少しずつ衰えていきます。肌の乾燥はシミやシワ、たるみと言ったあらゆる肌トラブルの原因です。
フィト10
そこでフィト発酵エキスを利用すると、その作用が角質層までしっかりと浸透して、潤いが生み出され、それが保持されることが期待できます。それからフィトリフト配合成分として、バラ子房エキスが挙げられます。これは文字通り、バラ子房から抽出したエキスのことです。子房と言うのは発育後、果実や種子になることから、動物にとっては子宮のような重要な部分です。そこから抽出されたエキスには、潤い与える作用があるとされています。また嬉しいのが、肌の角質を柔らかくする作用です。

 

洗顔が不十分だったり、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が乱れていると、肌の上には古い角質がどんどんたまっていきます。

すると肌はごわついたような、硬い状態になってしまいます。そのままの状態では、いくら良い成分が配合されたスキンケア製品を利用しても、それはなかなか浸透しないので、期待するだけの効果を得ることは難しくなってしまいます。ですからこうした肌状態の場合、まずは肌を柔らかくほぐすことが必要で、そのための作用がバラ子房エキスには期待できると言うことです。

 

これにより、フィトリフトを利用することへの効果の高まりが期待できます。更にダイズエキスも、フィトリフトの配合成分です。大豆にはイソフラボンが含まれており、これは女性ホルモンと似た作用をもたらすとされています。女性ホルモンは肌の潤い保持、弾力保持に対して影響力を持つ存在です。しかしこちらも加齢やストレス、生活習慣の乱れなどにより減少していってしまいます。フィトリフトの配合成分であるダイズエキスの中には、イソフラボンの中でも特にパワーが強い種類、ゲニステインが高配合されています。そのためより強い潤い保持効果や弾力作用を期待することができます。以上がフィトリフトを代表する3大成分ですが、個別のアイテムごとに見ていくと、更に様々な成分が配合されていることがわかります。
フィト10

まずオールインワンジェルです。この製品の中には、コラーゲンやヒアルロン酸と言った、スキンケアの基本成分にして、潤いと弾力改善に大きな効果が期待できる成分が含まれています。

 

更にコメセラミドも含まれているので、より潤い改善に対しての働きかけが期待できます。またビタミンC誘導体が含まれていると言うのも嬉しい点です。ビタミンCは肌に対して強い抗酸化力を発揮する一方、成分としては刺激が強く、壊れやすいと言うのが難点でした。

それをクリアして、肌に届きやすい抗酸化成分として誕生したのがビタミンC誘導体です。

抗酸化力は、活性酸素による細胞のさびつきを防ぐためには必要不可欠な力です。よってこの成分を利用することで、紫外線ダメージや物理的ダメージによるシミの発生、たるみの発生に働きかけることが期待できます。加えて細胞の成長促進に働きかける作用があるとされているリジュリンやEDP3が含まれているので、肌の健やかな生まれ変わりも期待することができます。それからエイジングケアラインのクリームには、ハイビスカスエキスが含まれています。大輪の赤い花が美しいハイビスカスは、肌の弾力を生み出すのに働きかける作用が高い成分が存在すると言われています。

 

また保湿力や肌荒れに対して働きかけることも期待できるとされているので、エイジングケアにはうってつけの成分だと言えます。ミツロウも含まれているので、加齢と共に低下していく肌のバリア機能の改善に対しても効果を期待することができます。続けて角質拭き取り化粧水ですが、これにはヨクイニンエキスとクロヤナギ樹皮エキスが配合されています。どちらも角質を柔らかくし、年齢を重ねた肌に対しても優しくピーリング効果を発揮します。どちらの成分も植物由来なので、肌のコンディションが傾きがちな時でも安心して使用できると言うのは嬉しい点です。そしてこの後に使うのが理想的なローションには、肌を内側と外側の両方から保湿する4つの潤い成分が含まれています。ソルビートル、リピジュア、ヒアルロン酸、水性保湿油がその4つの成分です。先の3つの成分が肌内部に潤いを与え、それらを外側から、水性保湿油がラッピングのような機能で保持すると言う作用が期待できるため、より高い潤い保持の効果が期待できます。
フィトリフトのリフトアップ効果 アンチエイジングにおすすめ
フィトリフト化粧品の効果、効能を紹介 フィトリフトはどういった肌質の人におすすめなの?